2008年07月01日

携帯審査の基準がきまったそうです

もう先月になってしまいましたが、有害サイト規制法が成立しました。それを受けて、携帯電話サイト業界などでつくる第三者機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」が検討していたという、青少年向けの健全サイトの審査基準が決まったようです。

ここで、審査基準を満たしたサイトは、今後、携帯会社などが大幅に実施する予定のフィルタリングの対象からはずれる予定です。

審査の対象は、SNSやプロフ、掲示板となっています。

人気の「モバゲータウン」などもその対象なのですが、今までは、審査基準が出ていなかったので、この状態でフィルタリングを実施すると、アクセスできなくなる、という状況が生まれるので、今は実施されていない。

これからは、人気のサイトの大半は、この審査を受けると思われています。それに伴い、携帯各社もフィルタリングを実施していくと見られます。

問題は、この第三者機関。
本当に第三者機関として機能するのか???
ここに全てがかかっています。

今まで、日本では、この「第三者機関」というものが、きちんと稼動した例は、ほぼ無いと言っていいのではないかなあ。
例えば、映倫や、ビデ倫というものは、確か国とは別の機関として機能しているはずですが、数ヶ月前に汚職が発覚しました。

今回のこの審査。
国の指導のもとで稼動することになるわけですが、過去の前例では、「天下り先」になります。
優遇措置を求める、コンテンツ制作会社の裏金が動きます。
あくまで過去の例です。

しかし、今回は、そうならない、という保証は、今のところどこにもないんですよねえ。この機関の活動に関しては、民間の監視が必要でしょう。最初のうちは、審査を合格したのに、フィルタリングに引っかかってみれない!などの騒動が起こることは、必至。
そのどさくさに紛れて、何が起こることやら。心配です。

しかし一方で、自殺サイトの制限や、殺人予告の一掃など、期待したい効果も一杯あります。
モラルがなくなりつつある日本人だから、必要となった措置なのですが、なんとかうまく機能してほしいものです。
posted by おさるDr. at 09:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

レガシーという言葉には悲哀を感じます

 御存知でしょうか?
シリアル端子やパラレル端子をレガシー端子と呼ぶことを?PS2といったキーボードやマウスをつなぐ丸い端子もその中に入ります。

このレガシーという言葉。それは、「古い」とか「一昔前」という意味になります。

この言葉を使い出したのは、マイクロソフト。
ちょうど、XPが発売される直前から頻繁に使われるようになりました。例えば、「レガシーWindows」というと、「Windows98」や「WindowsME」「Windows2000」が含まれます。

このレガシーという言葉が使われだした頃、IBMは、パソコン市場から撤退したのです。

ここに悲哀を感じてしまいます。

もともとパラレルや、PS/2、シリアルという端子は、IBMの開発です。そして、マイクロソフトは、IBMの依頼から初めてOSをつくり、それが、今のWindowsに発展していきます。
つまり、マイクロソフトは、当時世界的最大企業のIBMからOS(基本ソフト)を依頼された下請けです。
その下請けが、逆に爆発的に発展し、IBMを乗り越え、そしてIBMをパソコン市場から追い出し、遂にIBM開発の端子を全て「レガシー」(一昔前)と呼ぶようになるのです。

マイクロソフトは、全ての機器をUSBひとつでこなそうとしているのです。

「レガシー」と呼ばれ、撤退するIBM。
なんか可愛そうな気がするのは、私だけでしょうか?
posted by おさるDr. at 01:56| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルゲイツが完全に退く?Windowsを家電に

 マイクロソフトのビルゲイツさんが非常勤になる、ということで、完全に経営の場からは退くそうです。

Windowsを家電なみに使いやすくした、という功績を残しての引退。今後は、世界福祉への方向へ活動する、と聞いていたのですが、どうなんでしょう?

Windowsが家電並みに使いやすくなった。確かにそうかもしれませんが、これもまた新たな問題を生んでいますよね。
しかし、この家電化へのハード面の最大のキーポイント、それは、USB端子の誕生ですね。

このUSBは、Windows98から正式搭載。
当時の企画は、USB1.0で、その通信速度は、シリアルよりも遅い、という状態。
しかし、今は2.0に規格が変わり、その速度は、激増し、IDEのHDDを超える速度になっています。

この端子が誕生するまでは、プリンターは、パラレル端子。それ以外の機器は、シリアル端子。何か機器を追加するためには、そのために端子増設のカード増設が必要でした。

しかし、今は、標準でも4つ以上はあると思うこの端子に、プリンターでもデジカメでも、マウスもキーボードもつなげるようになりました。

この誕生のとき、若干話しが違いました(+_+)
当初は、ホットプラグのように、電源を投入したまま、いつでも抜き差しがワンタッチでできる端子、という触れ込みでした。
しかし、結局「ハードウェアの停止」をしないと安全には、はずせない、というものです。
まあ、これくらいは致し方ないのでしょうか。

Windowsの操作性は、どんどん悪くなっていっていますが、このUSBの功績は大きいでしょう。

反面、機械制御に使うシリアル端子が消えていったために、一面では端子が無い!という騒動もあるのですが・・(+_+)



posted by おさるDr. at 01:47| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。