2009年01月08日

PC-98生産終了から6年目

NECのPC-98シリーズのパソコンが生産終了となったのが、2003年9月30日。
 最終機種は、PC-9821Nr300だったかと思います。

MYUが仕事を始めたのが2002年ですから、まだ、そのころNECは、PC-98シリーズとDOS/Vを平行していたんですね。

この6年の間に、ほぼ淘汰された、と言っていいのだと思います。それも仕方ないことですね。メーカーがサポートも打ち切ってしまったのですから。

 それでも、未だに現役で動いているマシンは、まだまだあるはずです。特に中小の会社では、PC-98でしか動かないソフトやシステムを使ってたりします。

 パソコンが起動するときに、BIOSというプログラムを読み込み、その後システムの起動へ引き継がれるわけですが、PC-98はある意味素直なシステムで、読み込んだ順にドライブを振っていくんですよね。
だから、マイコンピュータを開けると、Aドライブは、ハードディスク。Bもハードディスク。となってました。

 WIndowsは、Aをフロッピーと固定していて、OSは、Cドライブのハードディスクに入る、と決まっています。

 この辺りが、PC-98とDOS/Vの、見た目で違う大きな差ですよね。

だから、PC-98で動いていたWIN95や、WIN98は、NEC用。そのため、標準のWIN98が発売されたのち、遅れてPC-98用のWINが出てくる。そんな感じでした。

企業としての経営判断だったと思いますが、このPC-98を生産終了、サポート打ち切りとしたNECの罪は、大きい。

そして、今も、この昔の栄光にすがったようなパソコン作りをしているようでならないです。

NECは、すぐにパソコンを魔法の箱のようにしたがる。この傾向が強すぎますね。今も日本では、NEC製品は、シェアは1位ですが、その性能に特別違いがあるわけでもなく・・・。

サポートには、差があります。

また、過去のパソコンには、極端な差があるものがあります。

リカバリCDでリカバリできないノートパソコン。
これは、CDドライブを内臓していないものでしたが、フロッピーから起動時にCDドライブのドライバを読み込まないんですね。
もちろん、BIOSで起動ドライブをCDにする機能もありません。
ハードディスクが壊れたら、終わりなんです(>_<)
このモデルには一番驚かされました。

なのに、このモデルのリカバリCDを販売するんですよ。
(今はしていないと思います。Windows98末期でしたから)

なぜ、突然こんなこと、と言いますと。
今も当社には、PC-98の修理要請があり、苦労しているからなんです(>_<)

PC-98を捨てたNECさん
ベータを捨てたSONYさん

致し方ない結論だったと思いますが、悔しいです!
ラベル:PC-98 NEC
posted by おさるDr. at 02:49| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

「あけおめ」という言葉が広辞苑に掲載されるのもまもなく?と思えるほど一般用語化していますよね♪

 その一方で、変な使い方も一般化してしまっているようです。

先日、ある先輩からの新年のメールで、「新年、明けましておめでとうございます」とありました。

これ、実は、間違ってるんですよね。

「新年」には、既に「新しい年が明ける」という意味が含まれています。
つまり
「新しい年が明けまして、あけましておめでとうございます」と言ってることになるんです。(*^_^*)

「腹痛が痛い」と同じようなことですよね。

偉そうに言える立場ではありませんが、日本語は、しっかり使いたいものです手(チョキ)

年の暮れに、例の美人のIさんが来ましたあああ黒ハート

また、いつでもお越しください!!
posted by おさるDr. at 16:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

NECのパソコンには困らせられます

今年のこの大詰めに、また出ましたNECの癖の悪いパソコン。

HDDが壊れてしまい、交換したいのですが、再セットアップCDは、作成されていません。仕方ないので、NECより購入しようとするのですが、販売していません(いつものことですが・・・)

仕方ないので、OEMのXPをインストールしようとしたのですが、
ここで、問題のエラーです。(>_<)。

OEMも拒否するのか?

と疑ってしまうモデルです。

時間が無く、マザーボードを細かくチェックすることができなかったのですが、どうやら、制限がかかっているようです。

NECの悪い癖は、Windowsの使用権を2回払わせることです。

購入時に1回。
HDD故障時に1回です。

果たしてこれでよいのか?????

しかし、今年一年お世話になりました。

来年は、更にパワーアップして頑張ります。
posted by おさるDr. at 22:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

日本IBMにもリストラ

Yahooニュースに、
1000人規模の人員削減へ・・・

とあります。

今までは、パートや派遣社員の整理、ってニュースが多い中、遂に正規雇用の人まで、整理。
業界として、楽ではないことは、分かるのですが、
アメリカ本国の影響があることもわかるのですが、
昨年から、今年にかけて、システムの制作・受注に関してトラブルや法廷闘争が集中しているだけに、心配です。
ラベル:IBM
posted by おさるDr. at 08:58| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

は〜やく来い来いWindows7

Windows7の情報が、巷にドンドン流れ出してますね♪

2010年の年頭にリリースの予定とのこと。

早く出てくれることを心待ちにしています。

VISTAで評価できるのは、付属のゲームが良くなった!これが私の周りの全ての評価です(>_<)
そこは、どうでも良いところだとは分かっていますが・・・・。

Windows98からXPへ移行するまでに、途中MEを挟みました。
そう、あの悪名高きMEです。

XPから7へ移行するまでに、途中vistaを挟みました。
・・・・
てなことになりそうですね。
ラベル:Windows7 Vista
posted by おさるDr. at 17:14| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

携帯審査の基準がきまったそうです

もう先月になってしまいましたが、有害サイト規制法が成立しました。それを受けて、携帯電話サイト業界などでつくる第三者機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」が検討していたという、青少年向けの健全サイトの審査基準が決まったようです。

ここで、審査基準を満たしたサイトは、今後、携帯会社などが大幅に実施する予定のフィルタリングの対象からはずれる予定です。

審査の対象は、SNSやプロフ、掲示板となっています。

人気の「モバゲータウン」などもその対象なのですが、今までは、審査基準が出ていなかったので、この状態でフィルタリングを実施すると、アクセスできなくなる、という状況が生まれるので、今は実施されていない。

これからは、人気のサイトの大半は、この審査を受けると思われています。それに伴い、携帯各社もフィルタリングを実施していくと見られます。

問題は、この第三者機関。
本当に第三者機関として機能するのか???
ここに全てがかかっています。

今まで、日本では、この「第三者機関」というものが、きちんと稼動した例は、ほぼ無いと言っていいのではないかなあ。
例えば、映倫や、ビデ倫というものは、確か国とは別の機関として機能しているはずですが、数ヶ月前に汚職が発覚しました。

今回のこの審査。
国の指導のもとで稼動することになるわけですが、過去の前例では、「天下り先」になります。
優遇措置を求める、コンテンツ制作会社の裏金が動きます。
あくまで過去の例です。

しかし、今回は、そうならない、という保証は、今のところどこにもないんですよねえ。この機関の活動に関しては、民間の監視が必要でしょう。最初のうちは、審査を合格したのに、フィルタリングに引っかかってみれない!などの騒動が起こることは、必至。
そのどさくさに紛れて、何が起こることやら。心配です。

しかし一方で、自殺サイトの制限や、殺人予告の一掃など、期待したい効果も一杯あります。
モラルがなくなりつつある日本人だから、必要となった措置なのですが、なんとかうまく機能してほしいものです。
posted by おさるDr. at 09:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

レガシーという言葉には悲哀を感じます

 御存知でしょうか?
シリアル端子やパラレル端子をレガシー端子と呼ぶことを?PS2といったキーボードやマウスをつなぐ丸い端子もその中に入ります。

このレガシーという言葉。それは、「古い」とか「一昔前」という意味になります。

この言葉を使い出したのは、マイクロソフト。
ちょうど、XPが発売される直前から頻繁に使われるようになりました。例えば、「レガシーWindows」というと、「Windows98」や「WindowsME」「Windows2000」が含まれます。

このレガシーという言葉が使われだした頃、IBMは、パソコン市場から撤退したのです。

ここに悲哀を感じてしまいます。

もともとパラレルや、PS/2、シリアルという端子は、IBMの開発です。そして、マイクロソフトは、IBMの依頼から初めてOSをつくり、それが、今のWindowsに発展していきます。
つまり、マイクロソフトは、当時世界的最大企業のIBMからOS(基本ソフト)を依頼された下請けです。
その下請けが、逆に爆発的に発展し、IBMを乗り越え、そしてIBMをパソコン市場から追い出し、遂にIBM開発の端子を全て「レガシー」(一昔前)と呼ぶようになるのです。

マイクロソフトは、全ての機器をUSBひとつでこなそうとしているのです。

「レガシー」と呼ばれ、撤退するIBM。
なんか可愛そうな気がするのは、私だけでしょうか?
posted by おさるDr. at 01:56| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルゲイツが完全に退く?Windowsを家電に

 マイクロソフトのビルゲイツさんが非常勤になる、ということで、完全に経営の場からは退くそうです。

Windowsを家電なみに使いやすくした、という功績を残しての引退。今後は、世界福祉への方向へ活動する、と聞いていたのですが、どうなんでしょう?

Windowsが家電並みに使いやすくなった。確かにそうかもしれませんが、これもまた新たな問題を生んでいますよね。
しかし、この家電化へのハード面の最大のキーポイント、それは、USB端子の誕生ですね。

このUSBは、Windows98から正式搭載。
当時の企画は、USB1.0で、その通信速度は、シリアルよりも遅い、という状態。
しかし、今は2.0に規格が変わり、その速度は、激増し、IDEのHDDを超える速度になっています。

この端子が誕生するまでは、プリンターは、パラレル端子。それ以外の機器は、シリアル端子。何か機器を追加するためには、そのために端子増設のカード増設が必要でした。

しかし、今は、標準でも4つ以上はあると思うこの端子に、プリンターでもデジカメでも、マウスもキーボードもつなげるようになりました。

この誕生のとき、若干話しが違いました(+_+)
当初は、ホットプラグのように、電源を投入したまま、いつでも抜き差しがワンタッチでできる端子、という触れ込みでした。
しかし、結局「ハードウェアの停止」をしないと安全には、はずせない、というものです。
まあ、これくらいは致し方ないのでしょうか。

Windowsの操作性は、どんどん悪くなっていっていますが、このUSBの功績は大きいでしょう。

反面、機械制御に使うシリアル端子が消えていったために、一面では端子が無い!という騒動もあるのですが・・(+_+)



posted by おさるDr. at 01:47| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

スマートフォンをノートPC代わりに

 スマートフォンが注目を浴びているようです。確かに便利そう・・。ノートパソコンよりもひょっとすると使えるかもしれませんねえ。

ノートパソコンは、どうしても排熱の問題を解決できません。今の技術では難しいと思います。思い切った冷却革命か、革新がないと難しいかも。

それに、出先で使われるノートパソコンの利用方法は、基本は、ブラウジングと、メールの送受信。あとは、エクセルを利用する、というのが多いのかな?
その次に、プレゼンなどで、パワーポイントの利用、というところでしょうか?
一時期、パワーポイントは、トヨタで自粛というニュースも流れましたが、一時よりも収まっているのかもしれません。

いづれにしろ、スマートフォンで代用できる、という利用方法が多いような気がします。

そして、拠点となるところには、デスクトップパソコンがあれば、データを失うことも無いはずです。

気になるのは、ウィルコムのD4でしょうか?・・・やっぱり。
次に、と言われると、まだ候補が浮かびません^_^;
ちょっとイーモバイルには更なる進化を期待していますが♪
posted by おさるDr. at 10:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

記事移動しました!

 最初は、僕のぶつぶつだったんだけど、そのうち、いろんな人が政治に関して、いろいろ書き出しちゃいました!

 あまりにもブログタイトルと違う内容になってきましたので、移ってもらいましたあ!!
 移動先は、ここですが、ごちゃごちゃうるさいですよ〜@(^エ^)@
posted by おさるDr. at 01:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

SEOって難しいですよね♪

 今日、いつもお世話になっているIさんが来られました。Iさんは、かなり美人の女性で、かなりできる人です。

 パソコン直したり、ホームページを作ったりと、多才です。それも全て独学、とのこと^_^;
 なかなかやるもんです。

 おそらく、「パソコン好き!おもしろい!」ってところからスタートされたんだと思うんです。私も同じです。

 だけど、段々辛くなってくるんですよねえ(-_-;)
 しかも、相手の良く分からない検索エンジンを相手にしだすと大変。

 おそらく、無間地獄にハマり込んでいきます^_^;
 そんな時は、パソコンから離れてみることが大事ですよね。休みの日には絶対に触りたくない!そんな感じになります。

 タクシーの運転手さんが、休日家族とお出かけは、奥さんの運転と決まっていたり、大工さんの家が直したいところだらけだったりするのと同じですよね(^^♪
 大工さんの家では、「うちは大工さん遠いから」って言うところ、結構あると思います。

 ゆっくりいきましょう。
 ヤフーもグーグルも、逃げるはずのない相手です。しかも!
 しょっちゅう中身が変わる相手ですから、これが決定的!なんて方法はありません。
 地道に、続けていくしかないんです。ふぅ〜
 それしか無いんですよねえ(^^♪
posted by おさるDr. at 23:15| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

PS3の消費電力は、Wiiの10倍!

 このニュースには、びっくりしました!
 PS3をつけっぱなしにした場合の消費電力は、Wiiの10倍!冷蔵庫の5台分に相当する、とのこと・・・。

 この省エネの時代に、とんでもないゲームがあったものです。
 再考していただいたほうが良いような気がします・・。

 SONYのパソコンは、最近、外観が良いことで、売り上げ好調!しかし、消費電力は、どうなんでしょう?
 こうなってくると、パソコンも心配になります。

 両方に共通しているのは、発熱に対する処理や、考え方、発熱を抑える工夫だと思います。
 エネルギー保存の法則がありますから、消費電力が多いということは、そこで発生する熱エネルギーも大量、ということになります。これを抑えるためには、廃熱が必要ですが、そのためにファンを増加すると消費電力が増加する、という矛盾。

 どうしても発熱しない省電力で動作することが必須になります。
 プレイステーション3・・・。恐るべしゲームマシンです。

http://wiredvision.jp/news/200806/2008060422.html
posted by おさるDr. at 00:03| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

後部席シートベルト

 いよいよ、というか、特に待っていたわけではないんですが(+_+)
後部座席のシートベルトが必須になりました。

 事故の際の、怪我を無くすためには、必要なのでしょうが。。
 なんかこう・・・面倒なような^_^;

 だけど、やっぱり、やっとかないといけないですねえ。
posted by おさるDr. at 00:38| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

中国 大地震。頑張れ!中国の国民の皆さん!

 皆さんも御存知のように、中国で大地震が起こりました。
 確認された死者の数は、数万人とのこと。大変な数です。
 亡くなられた方には、心からお悔やみ申し上げます。

 しかし、中国政府が、日本からの人的支援を受け入れてくれて、よかったです。
 もし、当初のまま、断っていたら、後の日中関係を考えると不安で一杯です。

 今回の中国は、結局、国民に広がる情報公開の波に逆らえなかったのでしょう。しかし、それは、決して恥ずかしいことではなく、素晴しい決断であったと思います。
 なぜなら、もし、支援を断っていたら、結局中国は、そういう国なんや、となっていたでしょう。
 しかし、今回の要請を受け入れてくださったこと、また、現地で頑張っている日本人に対しても、心配りがされていること、そうしたことを日本人は知っています。
 そして、心配しないでください。
 心ある日本人の大半は、本当に中国の心配をし、そして、支援に行けたことを「よかった」と思っています。
 決して「借りを作った」というような考え方はしないのです。

 そして、この政府の決断を誘った、国民の皆さんの動きに感謝します。結局、政府や、政治家は、ルール作りをすることはできても、民間レベルの外交や、情報の共有、そうした地道な行動はできないのですね。おそらく、中国の人も、日本人を呼べ!と考えた人は、ほとんどいなかった、とは思います。
 しかし、結果的に、地理的なことも含め、まずは、日本人が行くことになった結果だとわかっています。

 それでも、これが、もっともっと大きな結果を産めるようになれば、と考えます。
 しかし、今は、二次災害の発生が無いことと、一人でも多くの生存者が救出されることを祈ります。
ラベル:地震 中国
posted by おさるDr. at 02:20| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

怪奇現象?どこか取材に行ってください!

 どこかのテレビ局とか、取材に来てもらえないでしょうか?

 おさるの会社の人の話です・・。
 昨日、5月8日のことです。

 ご主人が仕事から家に帰りました。

 玄関から入ると、仕切りにカーテンがかかっているのですが、
 そのカーテンは、家で飼っているネコたちの自由な移動のため、ドアであったところをカーテンに変えているのだそうです。

 いつもの通り、そのカーテンを押して部屋へ入ろうとすると、
 「誰かいる!」
 カーテンを押した、向こうに人の感触が。
 思わず、「誰や!!」と声をあげたご主人。

 すると、ふっと感触が消え、今まで触っていた人の気配が消えたというのです。
 ふと見下ろすと、いつものネコがいる・・・。

 「あーこいつやったんや・・・・。」と思うようにしたいご主人。

 今の話を聞いてもおかしいですよね、

 見下ろしたらネコがいたのであって、触ったところにいたわけではない・・・・。


 それだけでは、ないらしいのです。

 階段のところに、白い靄のようなものがかかっている。
 いつも二階に人のいる気配がする。
 誰もいないのに、誰かが二階から降りてくる階段の音がする。
 常に部屋にはラップが起きている。

 どうやら、枚挙には、いとまが無いようなのです。

 更に、この現象のいくつかは、奥さんも確認している。
 二人の会話で、
 二階からドンドン音がするので
 「誰か二階にいるなあ。」という会話があるというのです。

 どこかのテレビ局の方、取材・調査にきていただけないでしょうか?
posted by おさるDr. at 11:01| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ドコモの弱点

 ドコモの最大の弱点。
 
 それは、政府・官僚と同じくして、NTTの体質を捨てきれない。国民の側を向かない体質です。

 これは、今後も治りませんね、おそらく。

 新ロゴには、依然として、NTTの言葉がのっかっています。
 あくまで、旧体質です。
 と、宣言しているように、私には見えます^_^;

 ドコモの発表した新方針ですが、
「今までユーザーを見ていませんでした。これから頑張ります」
という一言に思えます。
 これと似たような宣言を見たことががります。

 記憶にあるのは、JRです。脱線事故以後に出されたスローガンに表現は異なりますが、中身は同じです。
 
 同じことを三菱がいっていました。
人身事故のクレーム隠し、リコールの隠しの実態が明らかになった以降です。

 今回、携帯電話という業務であったがゆえに、人命に被害が出てはいませんが、同じレベルの反省文です。

 この三社に共通するのは、おそらく組織の硬化です。自浄作用はありません。

 奇しくも、JRは、元は日本国有鉄道。NTTと同じく、元は、「親方日の丸」です。
 
 ドコモの経営陣は、総退陣することが必要でした。
 更に一定の範囲の役員も同様です。
 そして、新しい風を吹き込む。

 これができないと、紙に書いたモチに終わるんでしょう。

 こうした組織は、これからは、国民の側が見抜いていかないといけないようです。
 もっと賢くなって、もっと知識を得て、世の中の競争原理を働かせることができる私たちにならないと、いけないようです。

 エーユー・ソフトバンク・イーモバイル・ドコモ・・。これから参入もあるかもしれない会社を含め、シェアを独占させないようにしないといけないですね。

 独占が始まると、そこから組織の硬化が始まります。

 企業の論理の最も重要な点は、
 「利益を得ること」です。

 これを、「利益を独占すること」と履き違えている会社は、残念ですが、辛い時期を迎えることになるのでしょうね。
posted by おさるDr. at 00:26| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

ドコモへ更に提案!

 昨日、ドコモへ、メルセデス社と提携したらどうだろう?
と言いました。

 これ、やっぱりやるべきですよ!
 ついでに、キーの機能だけじゃなく、携帯でダウンロードした曲の再生機能を、ベンツの車内のプレーヤーに持たせましょう!

 そして、もちろん、ナビも!共通化してしまうのです。
 
 ナビで誘導された道や、データ、その付近を、車をおりたあと、携帯のナビでさらに誘導できるようにするのです。

 システムの名称もついでに勝手に考えました!

 ドコモ&メルセデスだから、ドコデス♪
 ・・・・・・・駄目かなこりゃ^_^;

 けど、あり!のような気もしてきた♪

 携帯自体の機能は、もう手一杯の気配。
 そこで、車メーカーと提携する!。

 これ・・・既に検討中ですかあ?

 どうでしょう?

 ドコモさん?エーユーさん?ソフトバンクさん?♪
posted by おさるDr. at 13:26| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモのロゴ変更

 今日、ドコモの新しいロゴが発表された、とのこと。テーマは。
「キャリア主導の時代からユーザーの時代へ」

 ということは、今まで、ユーザーを無視していた・・・。あるいは、ユーザーをバカにしていた??ということなのですかね?

 こんなことを言えるのは、ドコモならではです。
 他の世界で、今更こんなことを言っていたのでは、相手にされないでしょう。どこまでもNTTの「親方日の丸」体質が抜けていない証明です。
 
 フォーマがでるまで、ドコモは、日本最低速のキャリアでした。
 そこで、ドコモもCDMAの導入を決定しました。公開前まではWCDMAといっていました。
 発表直前にフォーマに名称が変わりました。
 エーユーで浸透していた、CDMAという呼び名を使うのは嫌だったのでしょう。

 海外進出は、全て失敗しています。
 
 ドコモ方式を、標準とする国が無いのが現実なようです。

 まるで、政府と同じですね、ユーザー(国民)を無視して、自身の方式を推し進める。
 おそらく、ドコモの停滞はしばらく続くと思います。
 シェア40%あたりまでは、下がると思います。
 (完全に独断ですが^_^;)

 ブランドにこだわりを持ち続ける場合は、30%も有り得ると思います。


 理由は、日本の政策と同様、二極に走る、という場合です。

 つまりドコモは、国民の大半が支持する料金体制でなく、富裕層に持ち続けられるキャリアを目指した場合です。

 ドコモを持っていると、「お金持ちやなあ」となる・・・・。

 満更、無い話ではないかな?
と思っています。

 おそらく、ユーザー目線に完全に切り替わるのには、無理がある、と考えます。

 だけど、それでドコモはいいか、とも思います。
 少ないシェアで、利益が得られれば、それでもいいわけです。その道としてひとつ提案があります。
 メルセデスと提携します。
 そして、ドコモの中に、無線のキー機能を持たせます。
 
 ドコモ端末の固有識別番号をキーとして、ドアがオープンし、エンジンも始動できる!
 これ、どうでしょう?
 少なくとも、ベンツユーザーは、ドコモユーザーとして固定できる可能性があります!。
 これ、NTTさんどうですか???

 

 
posted by おさるDr. at 02:08| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

YSTが動いているようです

 フルアップデートには、1ヶ月早いと思うのですが、何かしら動いているようです。いつもよりも大きな動きです・・・・。
 Yahooスタッフブログでは、まだ更新記事は無いようなのですが・・。

 シャッフルが、おきております。目に見えて動いていない部分もありますが、これは、どうなるのか?
 明日の朝、確認します。
ラベル:アップデート YST
posted by おさるDr. at 23:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

YSTのアップデート/20080305

お久しぶりです(^_^)
長らくご無沙汰しておりました。
本日、YSTがフルアップデートがありましたね?
皆さんのサイトは如何ですか?
 私の方は、ほぼ想定の動きを示しています。

 前回は、1月の24日。そして今日が3月5日。丸々2ヶ月経たないうちの更新ですね。
 身近な人には3月前半と、伝えていたので、ほぼ予測はあたりました。このペースで考えると次は、ゴールデンウィーク前、ということになりそうですね・・・・。

 今回もやはり、前回と同様の感想になります。
検索される、そのときそのときのリアルタイムの最優先検索ではなく、アップデートからアップデートまでの間に、何があったか?
これを考慮しているように思われます。
 ただ、特徴的なのは、ダウンするときは、その要素が加わった途端にダウンします。
 そしてアップは、次のアップデートを待たないと、大きくは上がりません。

 これは、現在(アップデート直後)の順位は、暫定的なものだ、ということを意味しているように見えるのです。

 フルアップデートからフルアップデートまでの間に行われた更新を加味して、一旦順位を表示します。
 しかし、それは、全体を見通したものではなく、その該当サイトにのみ。その後全体を見ながら順位の入れ替えが行われます。
 また、同時に、サイトそのものも、アップデート直後でも更新は、行われます。この更新の情報と、全体を見ながら、順位が変動します。
これが、アップデート直後、1週間から10日で行われます。

 この期間経過後が、本当は、最大限に現実に適したYahooの判断の順位のように思えます。
 つまり、Yahooの場合は、どんなに早くても10日は遅れて順位が決定する。
 
 ただし、これはフルアップデート直後に限ってのことです。

 一旦安定した順位も、日々の更新データにより変動を始めます。しかし、この変動データを、即時には反映できないようですね。
 次第に反映できないデータが蓄積され、順位変動は、停滞し、滞るようになります。これは、安定しているように見えますが、実は、違うようです。
 そして、蓄積されて処理できなくなったデータを2ヶ月弱のフルアップデートにより、一揆に処理する・・・・。あくまで仮定ですが、どうやらこんな感じに見えてしまいます。

 これが正しいかどうか?は、絶対に答えが出ないので、わかりません。しかし、フルアップデートごとの変動の度合いは、そうでも考えないと理解できない変動です。

 グーグルの場合は、ほぼ数日中に反映し、変動を起こします。

 やはりYahooのアルゴリズムには、問題があるのでしょうか?
 有料登録の問題や、有料広告のJWORD,オーバーチェア・・。考慮しないといけない問題が、ヤフーには山積みのように思えます。

 しかし、今週のサマリーデータでも、ヤフーは1位の利用率。ここを中心に、日本人が動いていることは間違いないのですから、できれば、リアルタイムの検索結果のほうが良いように思えるのですが・・・。
どうでしょうか?

 そのためには、JWORDは・・・。どうなんでしょう。
 これは、また別の問題ですね♪@(^エ^)@
posted by おさるDr. at 23:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。