2008年11月11日

PCの仕組み全解説

前から「お気に入り」に入れていたのですが、整理がてら、以下の日経のページをここに残すことにします♪

「PCの仕組み全解説」って内容です。
自身のパソコンの健康診断にも有効だと思います、また、レベルは高くないですが、分かりやすくすっきりと解説されていますので、パソコンに興味のある方は、一度目を通しておいても損は無いと思います。

ただ、使用されているブラウザによっては、表示まで時間がかかるかもしれません(>_<)

********************************
データ復旧・データ復元 MYU-ミュウ-
********************************
ラベル:仕組み パソコン
posted by おさるDr. at 11:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

相変わらず多い、デフラグのトラブル3

もし、「不健康な」ハードディスクにデフラグを実行すると

全てのデータを消してしまうことになりかねません。この状況は、デフラグではなく、スキャンディスクでも同様になることがあります。
ましてや、デフラグの実行中に電源が切れた!なんてことになるともう大変です。

ほぼWindowsは、起動しませんし、データも元の通りあるかどうかわかりません。

「だけど。どうっやって健康か、不健康か、見分けるの!?」そう、
これが問題です。
ひとつは、使用年数です。
ノートパソコンであれば、2年以上経過している。
デスクトップで3年以上経過している。
更に、最初より、かなり動作が遅くなっている。

こんな場合は、危険信号です。

しかしあくまで危険信号で、やってはいけない!ということではありません。

もし、不安な場合は、

大事なデータを必ずバックアップしてから、デフラグを行ってください。それしか、トラブルを避ける方法はありません。

ただし、ここで、再度注意!!
「マイドキュメントをDドライブにコピーしてから・・」というのは、バックアップの間違いのひとつです。

バックアップは、必ず、該当のパソコンの外のメディアに移してください。外付けハードディスクでも、メモリでも結構です。

この点に注意して、デフラグは実行するようにしてくださいね。
posted by おさるDr. at 13:21| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

ハードディスク(HDD)は消耗品?

 こんな疑問を持たれる方もおられると思います。あるいは、ハードディスク(HDD)って何?という方もおられるでしょう。
 将来は、少なくなっていくメディアかもしれません。現在既にハードディスク(HDD)の無いパソコンも販売されていますから♪
 しかし、まだまだ現役のパーツで、減益のパーツです。
 
 このハードディスク(HDD)は、例えるとパソコンの中の本棚でしょうか?
 数多くのソフトを収納し、必要な時に展開します。重要なデータを保存し、必要な時に開いて、編集を行い、そしてまた保存する。
 このハードディスク(HDD)の実際の設計、製造を行う、大手メーカーの下請け会社に友人がいます。

 彼に言わせると、パソコンメーカーは、「製造原価を30%ダウンして、性能を倍にすることを要求してくる」といいます。
 これもいたしかたないでしょう。
 パソコンは安くないと売れない時代です。
 しかも性能は高くないと売れない。
 この矛盾はどこかで解決するしかありません。
 もちろんハードディスク(HDD)だけで、その要求の全てが満たされるわけではありません。経費など数多くのテコ入れが行われていると思います。
 その中で、ハードディスク(HDD)の部分だけで聞くと、いろんなことが実行されています。
 わかりやすく言うと、例えば、今まではビス4個で固定していたパーツを、少し改良を加え、形状を変えることで、2個のビスで固定するようにする。これでビス2個の原価が減ります。
 こうした努力が影で行われ、今の安価なパソコンが実現しています。
 しかし、よく考えてみてください。
 4個が2個になっている・・・・。計算上の構造の強度は保たれています。しかし、実際には・・・。そう、やはり落ちているのです。

 5年前のハードディスク(HDD)から比べると、性能は恐ろしいほど上がっています。しかし、強度は恐ろしく落ちているのです。
 これは、各パーツでも行われていると思います。 
 致し方ないのでしょう。

 よくたとえ話をするのですが、昔の車は、鉄板は厚みがあり、頑丈だった。しかし、性能は、今と比べることができるものではなかった。今の車は、薄い薄い鉄板に、さまざまな工夫を凝らすことで、強度を維持している。性能は、恐ろしく上がっている。
 ちょっと違うかもしれません。お叱りがあるかもしれませんが、似ているような気もします。無骨なものが洗練されたものに変わった。
 そんな感じでしょうか?

 このハードディスク、上記のような理由もあり、また構造が複雑化することもあり、また回転することで初めて要をなすパーツである、という点で、どうしても故障してしまうようです。
 消耗品と考えないと、どうしても納得のいかない背景があるのです。
 ですから、当社としては、消耗品と考え、重要であるデータの保全を薦めております。データは消耗品ではありませんからね♪


**********************************
データ復旧はMYU-ミュウ-
**********************************
posted by おさるDr. at 01:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

先日

 やはり、「物理障害で不可能」と、あるデータ復旧会社より送り返された、というハードディスクがやってきました。正確に言うと費用がかなり高額だったので(百数十万円)中止して、その後、お客様の希望により、その復旧会社様より直接当社へ送られてきたのです。
 毎月、こうしたディスクが必ず送られてきます。というよりも増えているかもしれません。
 送られてきたのは、無名の会社様ではなく、「データ復旧」でYahoo、Google、MSNで検索すると、まず間違いなく1ページ目で上位に表示されるところです。
 ところが、届いたディスクを診断してみると、首をかしげたくなるものが結構多いのです。「何が駄目なのかわからない」という状態です。
そのデータは無事、当社の初期の範囲内で取り出しを終えました。お客様には喜んでいただき、本当にほっとしました。
 しかし、元が有名なところだけに、少し心配です。
 そのディスクを受け付けたとき、少し忙しかったのでしょうか??
 ま、当社ではわかりません。
 確かに駄目な場合もあります。そんな場合は、当社は診断料無料で、提携先オントラック様へ依頼となります。しかしそうではない場合もあります。諦めずに、もう一度検討してみてください。全力で頑張っています。



*************************************
パソコン修理・データ復旧のMYU-ミュウ-
*************************************
posted by おさるDr. at 03:59| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

データ復旧にはバラツキが・・

 なぜなんでしょう?
データ復旧にはバラツキがあるようです。現実に他社で不可能であったものが当社で取り出せています。それも物理障害で深刻です、と返却されたものが、当社の初期の範囲内として取り出せています。
 非常に疑問を感じています。

 ワイイーデータ社のオントラック事業部と当社はパートナー契約をしています。この会社は、おそらく日本国内では最も古く、実績も最大です。2ビットという日本語データの抽出では、本国アメリカを超えていると思います。
 日本の大手法人で、データ復旧をうたう会社も、ここと提携しているところが多く、玄関が違うだけで、結局オントラックへ送られている、ということが多いようです。

 話は、戻りますが、そうした背景の中で、当社では、オントラック依頼する前段階でできる方法は全てとっていると思います。オントラックの担当営業の方からも「そこまでやっているのですか」と言われましたので、間違いは無いと思います。
 その上で、当社不能の場合は、オントラック依頼を検討いただいております。

 しかし、あまりにも大きく見える会社で、物理障害で不能と言われたものが、当社で簡単に出てしまう現実に、非常に不安を感じます。品質のバラツキが多く、このままでは、結局ユーザーの信頼を失いかねない世界になってきているようです・・・。


*********************************
データ復旧はMYU-ミュウ-
*********************************
posted by おさるDr. at 17:12| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | データ復旧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。