2009年01月08日

PC-98生産終了から6年目

NECのPC-98シリーズのパソコンが生産終了となったのが、2003年9月30日。
 最終機種は、PC-9821Nr300だったかと思います。

MYUが仕事を始めたのが2002年ですから、まだ、そのころNECは、PC-98シリーズとDOS/Vを平行していたんですね。

この6年の間に、ほぼ淘汰された、と言っていいのだと思います。それも仕方ないことですね。メーカーがサポートも打ち切ってしまったのですから。

 それでも、未だに現役で動いているマシンは、まだまだあるはずです。特に中小の会社では、PC-98でしか動かないソフトやシステムを使ってたりします。

 パソコンが起動するときに、BIOSというプログラムを読み込み、その後システムの起動へ引き継がれるわけですが、PC-98はある意味素直なシステムで、読み込んだ順にドライブを振っていくんですよね。
だから、マイコンピュータを開けると、Aドライブは、ハードディスク。Bもハードディスク。となってました。

 WIndowsは、Aをフロッピーと固定していて、OSは、Cドライブのハードディスクに入る、と決まっています。

 この辺りが、PC-98とDOS/Vの、見た目で違う大きな差ですよね。

だから、PC-98で動いていたWIN95や、WIN98は、NEC用。そのため、標準のWIN98が発売されたのち、遅れてPC-98用のWINが出てくる。そんな感じでした。

企業としての経営判断だったと思いますが、このPC-98を生産終了、サポート打ち切りとしたNECの罪は、大きい。

そして、今も、この昔の栄光にすがったようなパソコン作りをしているようでならないです。

NECは、すぐにパソコンを魔法の箱のようにしたがる。この傾向が強すぎますね。今も日本では、NEC製品は、シェアは1位ですが、その性能に特別違いがあるわけでもなく・・・。

サポートには、差があります。

また、過去のパソコンには、極端な差があるものがあります。

リカバリCDでリカバリできないノートパソコン。
これは、CDドライブを内臓していないものでしたが、フロッピーから起動時にCDドライブのドライバを読み込まないんですね。
もちろん、BIOSで起動ドライブをCDにする機能もありません。
ハードディスクが壊れたら、終わりなんです(>_<)
このモデルには一番驚かされました。

なのに、このモデルのリカバリCDを販売するんですよ。
(今はしていないと思います。Windows98末期でしたから)

なぜ、突然こんなこと、と言いますと。
今も当社には、PC-98の修理要請があり、苦労しているからなんです(>_<)

PC-98を捨てたNECさん
ベータを捨てたSONYさん

致し方ない結論だったと思いますが、悔しいです!
ラベル:PC-98 NEC
posted by おさるDr. at 02:49| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたは大切な出会いを逃していませんか?自分では気づかなかった出会いのキッカケをこのサイトでチェックしてみましょう!知らない間に実はもう大切な人と出会っているのかも…!
Posted by 出会い at 2011年07月30日 23:28
目指せ!童貞卒業!!あなたの童貞卒業期待度をチェックできるサイトが誕生しました!この夏は童貞卒業のチャンス!あなたは実は童貞卒業目前かもしれません!?
Posted by 童貞 at 2011年08月02日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。