2008年03月28日

YSTが動いているようです

 フルアップデートには、1ヶ月早いと思うのですが、何かしら動いているようです。いつもよりも大きな動きです・・・・。
 Yahooスタッフブログでは、まだ更新記事は無いようなのですが・・。

 シャッフルが、おきております。目に見えて動いていない部分もありますが、これは、どうなるのか?
 明日の朝、確認します。
ラベル:アップデート YST
posted by おさるDr. at 23:42| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

winnyってやめられない?

 日本では、非常にユーザーが多いと言われるWinny。
今日も逮捕者がでました。数日前にもあったと思います。
このソフト、共有ファイルの発信源が特定しにくい、つまり匿名性がある、ということで、恐ろしい広がりを見せていますよね。今もまだ増えているようです。

 名前を知らなくても「音楽が無料で手に入るソフトってあるんですよねえ」とか、「映画がタダで見られるソフトってあるんですか?」と、よく聞かれます。
 これに答えるのが非常に難しいです。

 おそらく、著作権の関連しないファイルを交換するのであれば、この手のソフトの違法性は無いのでしょう。
そのため、ファイル交換という概念そのものには、問題が無いと思います。しかし、そこに著作権のあるファイルがやりとりされてしまう。ここが最大の問題点です。

 Winnyの開発者は、既に逮捕されてしまっていますが、この違法行為が行われることが想定にあったかどうか?また、想定はできなかったか?という点が問題でしょう。
 おそらく開発者は、否定します。
 
 しかし、本当にそうでしょうか?
 当時は、WinMXというソフトが全盛でした、
ここで、違法なファイル交換が行われていました。しかし、この開発者は、日本人ではありませんので、日本では摘発されなかっただけ・・・。という気がします。

 Winnyは、最初に述べましたが、匿名性の高いソフトとして多くに利用されています。しかし、現実は、多くの逮捕者が出ています。この逮捕者が出る理由は、重要な機密ファイルが外部に漏れることが原因です。
1、ファイルが外部に漏れる。
2、漏れたファイルを正規に扱える人間は、限られている。
3、限られた人間に絞って調査する。
4、逮捕。
となるわけです。

 この外部に漏れる理由が、Winnyの特徴でもある匿名性の高さに起因しています。
 つまり、本当に匿名性が高いゆえに、こうしたファイルを勝手に公開してしまうウィルスの温床となり、開発者を追及することもできない。
(あえて放置している可能性もありますかね)。

 匿名性の高さが、システムの根底を揺るがす事態にもなっているのです。また、こうした感染をするユーザーは、
1、セキュリティソフトを導入していない
2、ウィルス感染をひとごとと思っている
3、自分は大丈夫と思っている。

など、の特徴があると思います。

 「自分は、大丈夫」「少ししかしていないから大丈夫」
これを保証する証拠は、地球上のどこにもありません。
又、セキュリティソフトを入れているので、大丈夫。これもまた担保するものはありません。

 Winyyを動かしているパソコンは、至急停止してください。
 そして、リカバリされたほうがいいでしょう。本当に高い確率で、いくつかのウィルスやスパイウェアに感染しています。

 被害者であると同時に、他人に迷惑をかける加害者にもなっている人が非常に多いです。
 
 このこと、よくよくお考えください。
 よろしくお願いします。
posted by おさるDr. at 18:41| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MYU事業部長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

アフィリエイトの増加

 最近、非常にアフィリエイトサイトの増加が激しいように思います。相互リンク依頼があるのは、こうしたサイトがここ数ヶ月急増しています。
 アフィリエイトが悪いわけではありません。

 しかし、本来は、何らかの内容のあるサイトで、アフィリエイト表示されている、というのが本来の姿のように思うのですが、ここ最近増えているのは、アフィリエイトのみをSEOしたサイトです。

 GoogleやYSTでは、その辺りを完全には、見抜けないようで、キーワード次第では、そこそこの順位で表示されています。

海外のSNSでは、最近、このアフィリエイトや、広告の異常な増加に伴い、ユーザー数の減少が確認されているようです。
大手のSNSになればなるほど、企業の注目も増えますので、当然広告も増えます。
 ところがこの広告がウザイ、という事態が発生しているようで、有料でも、広告の無いSNSへ移動する。ということのようです。

 日本では、まだ、この動きは少ないようですが、いづれ、始まることだと思われます。

 有料SNSで、広告表示されないサイト。
 これが、ビジネスモデルとして成功する時代になるなら・・・。今までのインターネットの成長の根底が変わってくる。

 そんな気がします。
 
posted by おさるDr. at 09:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MYU事業部長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

YSTのアップデート/20080305

お久しぶりです(^_^)
長らくご無沙汰しておりました。
本日、YSTがフルアップデートがありましたね?
皆さんのサイトは如何ですか?
 私の方は、ほぼ想定の動きを示しています。

 前回は、1月の24日。そして今日が3月5日。丸々2ヶ月経たないうちの更新ですね。
 身近な人には3月前半と、伝えていたので、ほぼ予測はあたりました。このペースで考えると次は、ゴールデンウィーク前、ということになりそうですね・・・・。

 今回もやはり、前回と同様の感想になります。
検索される、そのときそのときのリアルタイムの最優先検索ではなく、アップデートからアップデートまでの間に、何があったか?
これを考慮しているように思われます。
 ただ、特徴的なのは、ダウンするときは、その要素が加わった途端にダウンします。
 そしてアップは、次のアップデートを待たないと、大きくは上がりません。

 これは、現在(アップデート直後)の順位は、暫定的なものだ、ということを意味しているように見えるのです。

 フルアップデートからフルアップデートまでの間に行われた更新を加味して、一旦順位を表示します。
 しかし、それは、全体を見通したものではなく、その該当サイトにのみ。その後全体を見ながら順位の入れ替えが行われます。
 また、同時に、サイトそのものも、アップデート直後でも更新は、行われます。この更新の情報と、全体を見ながら、順位が変動します。
これが、アップデート直後、1週間から10日で行われます。

 この期間経過後が、本当は、最大限に現実に適したYahooの判断の順位のように思えます。
 つまり、Yahooの場合は、どんなに早くても10日は遅れて順位が決定する。
 
 ただし、これはフルアップデート直後に限ってのことです。

 一旦安定した順位も、日々の更新データにより変動を始めます。しかし、この変動データを、即時には反映できないようですね。
 次第に反映できないデータが蓄積され、順位変動は、停滞し、滞るようになります。これは、安定しているように見えますが、実は、違うようです。
 そして、蓄積されて処理できなくなったデータを2ヶ月弱のフルアップデートにより、一揆に処理する・・・・。あくまで仮定ですが、どうやらこんな感じに見えてしまいます。

 これが正しいかどうか?は、絶対に答えが出ないので、わかりません。しかし、フルアップデートごとの変動の度合いは、そうでも考えないと理解できない変動です。

 グーグルの場合は、ほぼ数日中に反映し、変動を起こします。

 やはりYahooのアルゴリズムには、問題があるのでしょうか?
 有料登録の問題や、有料広告のJWORD,オーバーチェア・・。考慮しないといけない問題が、ヤフーには山積みのように思えます。

 しかし、今週のサマリーデータでも、ヤフーは1位の利用率。ここを中心に、日本人が動いていることは間違いないのですから、できれば、リアルタイムの検索結果のほうが良いように思えるのですが・・・。
どうでしょうか?

 そのためには、JWORDは・・・。どうなんでしょう。
 これは、また別の問題ですね♪@(^エ^)@
posted by おさるDr. at 23:52| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。